綿毛布・日本製

10月に入って朝晩がすごく寒くなってきましたね。

 

この時期の寝具は何を使おうか迷ってしまいますよね。

 

そんな時に綿毛布を使用してみてはどうでしょか?

 

特に日本製の物は、ふんわりしていて暖かいですよ。

 

綿毛布はアクリル毛布より、静電気もおこりにくく、アトピーや喘息の心配も少ないです。

 

又吸湿性も優れ、ムレにくい、化学薬品も最小限に抑えていて洗濯機で洗うことも出来ます。

 

何より綿製品だから、寝ごこちもいいですよ。

 

http://tennen-ya.com/?pid=116289282

麻素材の寝具〜敷きパッド

リネンの敷きパッド

 

9月に入りハッキリとしないジメジメした日が続いていますね。そんな季節にはやっぱり麻素材が最適です。

麻は通気性が良く、水分の吸湿や発散性に優れているため、清涼感抜群で常にサラサラ。そんな麻100%を

使用した敷きパッドをご紹介いたします。

 

 

http://tennen-ya.com/?pid=116289728

洗濯機で丸洗いも出来ます。

この敷きパッドで麻の心地よさを体感してみてはいかがですか。

温湿度調節をしてくれる綿(オーガニックコットン)

秋冬に向けて、綿毛布の活用法!

 

朝夕の冷たい風に冬の気配を感じます。

これから迎える冬は、日照時間や気温、活動量減少などの影響で睡眠リズムが乱れやすく、「寝つけない」、「熟眠感がない」、「寝起きが悪い」・・・と、睡眠の質が低下する季節です。寒さが刺激となる冬は、夏以上に寝具への工夫がポイントとなります。

 知っているようで知らない、冬の快眠を支える寝具の使い方とお手入れのコツをご紹介します。

さて、疲れがとれたな〜という満足感、心地よく眠ったな〜という幸福感に、ふとんの中の温度と湿度が関係しているのをご存知ですか。

掛け寝具と敷き寝具でつくられた寝床内気候が、「およそ温度33、湿度50%」に保たれていると、あたたかく、さわやかだと感じ、身体が気持ちいい〜と伸びをするようなリラックスした睡眠をとることができます。この寝床内気候は寝具によってつくられます。

寒くて眠れない夜、どうしても厚着をしたくなりますが、なるべくやめましょう。

 生地が厚いモコモコ素材だったり、着こみすぎたりすると、スムーズな寝返りを妨げ、肩こりや腰痛、疲れがとれない、などの一因になってしまいます。また、汗が蒸発しにくなり、体の熱が発散されず寝苦しくなります。パジャマは薄手、生地は汗を吸い、温湿度調節をしてくれる綿(オーガニックコットン)がお勧めです。

タオルケットや綿毛布だけでは暖かさが足りないと感じられる季節になったら、羽毛ふとんと重ねて使用しましょう。 羽毛ふとんは体温が伝わるとダウンがふくらみ、あたたかさが増します。体温の熱を外に逃がさないよう羽毛ふとんの上には毛布や綿毛布をかけましょう。 この時羽毛ふとんの上にかけるものは、なるべく軽いものが。重いものだと羽毛ふとんがペシャンコにつぶれてしまい、かさ高がへることで保温性も低下してしまいますし、寝返りも打ちづらくなります。

肌触りが好きで内側に毛布をかける場合は、素材の特性を理解して使用しましょう。自然素材の綿毛布は眠っている間の汗や湿気を吸い取ってくれるので快適ですが、汗を吸ってしまうと、湿気が増えて保温性が落ちてしまうので、こまめに洗いましょう。天然屋の「キャルメルのびふわ毛布」なら、多重ガーゼ構造なので通気性が高くムレにくく、洗濯機で洗うことも可能です。

 

 純毛のウールやキャメルの毛布は、湿気を吸着すると熱を発生し、吸湿発散性、保温性のバランスが良く寝冷えを防ぐことができます。

合成繊維のアクリル毛布は、肌触りは良いのですが、汗を吸わないので、寝具の中が体温であたたまると不快指数が上がります。ムレが気になる方はやめましょう。

秋のフラットシーツ

朝晩と涼しくなり、秋の空模様になりましたね。

 

なんだか心地良い季節ですが、急に寒くなると夏の寝具からの寝具替えが必要です。

 

シーツを秋用に変えようか迷っているところへ、綿素材のフラットシーツが新登場しました。

 

 

このふわっとした綿のフラットシーツは シール織。

 

パイルが抜けにくく丈夫で、このふわふわ感なのに 綿です。

 

本当に綿なのか疑ってしまうほどふわふわなんです。

 

季節の変わり目で寒かったり、暑かったり、迷う時期にはピッタリのフラットシーツです。

 

季節の寝具替えで心もすっきりしたいものですね。

 

そのためには寝具を見直して快眠につなげる必要があります。

 

気がつけば、家にいる時間が楽しくなるような、良いエネルギーに満たされた生活をめざしたいものです。

綿毛布は薄い?

皆さん綿毛布は使っていますか?

 

いつも思うのですが、綿毛布って薄くないですか。

 

皆さんどのよに使っているのでしょうか。

 

私は初春は、掛布団(厚手)+綿毛布
春、 掛布団(薄手)+綿毛布
夏、 綿毛布のみ
秋、 掛布団(薄手)+綿毛布
晩秋、掛布団(厚手)+綿毛布

 

このように使っていますが、天然屋ではシール織綿毛布の冬用厚手が新商品で発売されます。

 

かなりのボリュームであたたかく、織りを工夫し、丈夫な綿毛布です。

 

今までにない使い方が出来るかと楽しみにしています。

 

皆さんも綿毛布を一度見直して見てください。

 

天然の素材綿の気持ち良さは格別ですよね。

 

ホコリがでないので、アトピーがある子供には本当にありがたい綿毛布です。

 

http://tennen-ya.com/?pid=116289283

ひんやり寝具

ひんやり麻ガーゼケット

 

8月も後半になってまいりましたが、まだまだ暑い日は続きそうですね。涼しく快適に眠れる寝具はもう手に入れましたか?

一口にひんやり寝具と言ってもいろいろなタイプがありますよね。

ジェルの入っている物や空気を通して通気性を良くした物、化学繊維を使ってひんやり加工をした物などさまざまな商品があります。

 

でも天然素材、特に麻なんかは特別な涼しさを感じますよね。麻の持つ天然の清涼感。使った人でないと伝わらないのが残念ですけど。

特にエアコンの苦手な方、寝汗の多い方などは良いんではないでしょうか。 

私、麻はオススメですよ。

 

 

 

 

 

リバーシブルひんやりケット

リネン混リバーシブルのびふわケット

 

猛暑日が続く中寝苦しい夜をいかがお過ごしでしょうか?

 

熱中症は日中だけでなく寝ている時も危険なんですよ。                                

 

でもエアコンの冷たい風はあまり好きでないというあなたに天然屋は自信を持ってご紹介するケットがあるんです。

 

熱を放湿してくれるリネン混リバーシブルのびふわケットです。

 

リバーシブルだからその日の気温や体調に応じて使い分けしていただけます。

少し肌寒い時はふんわりコットンの起毛面を体側に。たっぷり空気を含み保温性に優れています。    

気温の高い蒸し暑い日はサラッとリネン混ガーゼ面を体側に。高い通気性で、さわやかな使用感です。

ストレッチガーゼ織り。                                                   

ぐーんと伸びて、ふわふわ。凹凸したウェーブ形状の生地は、ストレッチ性抜群。

体の動きに合せて伸び縮み。寝返りしても肩や背中に密着して、ずり落ちたりしません。

体との間に隙間を作らないから、寝冷えの心配もありません。

多重ガーゼ構造で、通気性・保温性抜群。                                     

汗をかいても湿気を放出して、蒸れません。
ガーゼの間に空気を溜め込むから、自然なぬくもりを保ちます。

 

天然屋は今年も自然の涼しさをお届けします。

 

本物の良さ。

三河木綿6重ガーゼケット

 

先日、三河木綿6重ガーゼケットをお求めいただきました北海道札幌市のK様から、うれしいお声を頂きました。

 

『購入してよかったと思い、喜んでいます。電話で何度か問い合わせの後、注文したのですが、皆様が親切に製品の説明をしてくださったので、安心して購入することができました。手元に届いた商品を見て、ご紹介どおりの確かな製品だと感じました。風合い、手触り、色柄・・・全てから本物の良さが伝わってきます。この暑い夏にぴったりです。今後も本物の製品を発信し続けていただきたいと願っています。』

 

 

K様、ありがとうございます。三河木綿6重ガーゼケットは洗えば洗うほど、ふんわりとボリュームも出て、風合いもよくなりますので、安心して洗濯機で洗って頂き、暑い夏を気持ちよくお過ごしくださいね。

 

弊社では、商品と一緒にアンケート用紙をお送りしています。

お客様からこのようなうれしいお言葉をいただくことも多く、大変励みになっています。

K様のコメントにもありますように、お電話でのお問い合わせも多いです。

弊社の製品は決してお安くはないので、よくご検討いただき、ご納得の上で安心してお求めいただきたいと心から願っていますので、お電話やメールでのお問い合わせ、大歓迎です。強引にお勧めすることは一切ございませんので、買うかわからないけど、ちょっと気になるな・・という時にも、ご遠慮なくお問い合わせくださいね。

なめらかな肌触り

岐阜県の65歳男性のお客様がアンケートにご回答をくださいました。

 

『思ったより軽いのでビックリした。なめらかな肌触りが気持ちよく、とても満足です。』

 

 

そうなんですよね。6重重ねなので、それなりにボリュームはあるんですけど、軽いんですよね。ガーゼ生地の間に空気を含むから、ふんわりとした風合いで、保温性も高いです。軽さの秘密は、内側の太くて目の粗いガーゼ生地!内側の生地の目を粗くすることで、軽さと通気性のよさを生み出しているんです。外側は細番手の糸で、目の細かいガーゼ生地だから、肌触りがやわらかです。三河木綿6重ガーゼケットは、ただの多重ガーゼのケットではないんですね。気持ちよさへのこだわりと工夫が詰まっています。ご希望の方には、生地のサンプルも無料でお送りできますよ。

お客様の声〜三河木綿6重ガーゼケット

三河木綿6重ガーゼケット

 

先日、三河木綿6重ガーゼケットをお求めいただきました北海道札幌市のK様から、うれしいお声を頂きました。

 

『購入してよかったと思い、喜んでいます。電話で何度か問い合わせの後、注文したのですが、皆様が親切に製品の説明をしてくださったので、安心して購入することができました。手元に届いた商品を見て、ご紹介どおりの確かな製品だと感じました。風合い、手触り、色柄・・・全てから本物の良さが伝わってきます。この暑い夏にぴったりです。今後も本物の製品を発信し続けていただきたいと願っています。』

 

http://tennen-ya.com/?pid=116289084

 

K様、ありがとうございます。三河木綿6重ガーゼケットは洗えば洗うほど、ふんわりとボリュームも出て、風合いもよくなりますので、安心して洗濯機で洗って頂き、暑い夏を気持ちよくお過ごしくださいね。

 

弊社では、商品と一緒にアンケート用紙をお送りしています。

お客様からこのようなうれしいお言葉をいただくことも多く、大変励みになっています。

K様のコメントにもありますように、お電話でのお問い合わせも多いです。

弊社の製品は決してお安くはないので、よくご検討いただき、ご納得の上で安心してお求めいただきたいと心から願っていますので、お電話やメールでのお問い合わせ、大歓迎です。強引にお勧めすることは一切ございませんので、買うかわからないけど、ちょっと気になるな・・という時にも、ご遠慮なくお問い合わせくださいね。