多重ガーゼのこだわり

三河木綿多重ガーゼ メーカーのこだわり

 

三河地域は、精錬・染色・織・縫製 それぞれ専門の職人が集まる繊維の町です。

ここでは、生地から製品まで一貫して製造することが可能です。

中瀬職布(メーカー名)は、三河の木綿の歴史が築いてきた「伝統と信頼」を守るため、見えない所にも納得いくまでこだわって、ものづくりをしています。

地元の染工所、縫製所を使用することで、製品の見た目だけではわからない部分においても、安全性と品質に自信を持つことができます。

伝統を守るだけではなく、現代のニーズも取り入れることで、伝統に新しい命を吹き込むものづくりに取り組んでいます。

常に、生産者の良心と、製品への愛情をもって、ひとつひとつ丁寧に仕上げています。

 

 

 

三河木綿多重ガーゼの特徴は、やわらかさ。

このやわらかさは、選び抜いた素材と技術により生み出されます。

 

 

段戸山を源流とする豊川水系、矢作川水系は優れた伏流水を三河の地へともたらしてくれます。

伏流水は繊維の生地を精練・染色するのに大変適しています。

 

また、三河木綿の多重ガーゼは、何層もの組織を一度に織り上げるため、生地と生地の間に空気をたっぷり含んでいます。

この空気の層が、ふんわりとしたやわらかさの秘密です。

 

http://tennen-ya.com/?tid=4&mode=f3

 

コメント