温湿度調節をしてくれる綿(オーガニックコットン)

秋冬に向けて、綿毛布の活用法!

 

朝夕の冷たい風に冬の気配を感じます。

これから迎える冬は、日照時間や気温、活動量減少などの影響で睡眠リズムが乱れやすく、「寝つけない」、「熟眠感がない」、「寝起きが悪い」・・・と、睡眠の質が低下する季節です。寒さが刺激となる冬は、夏以上に寝具への工夫がポイントとなります。

 知っているようで知らない、冬の快眠を支える寝具の使い方とお手入れのコツをご紹介します。

さて、疲れがとれたな〜という満足感、心地よく眠ったな〜という幸福感に、ふとんの中の温度と湿度が関係しているのをご存知ですか。

掛け寝具と敷き寝具でつくられた寝床内気候が、「およそ温度33、湿度50%」に保たれていると、あたたかく、さわやかだと感じ、身体が気持ちいい〜と伸びをするようなリラックスした睡眠をとることができます。この寝床内気候は寝具によってつくられます。

寒くて眠れない夜、どうしても厚着をしたくなりますが、なるべくやめましょう。

 生地が厚いモコモコ素材だったり、着こみすぎたりすると、スムーズな寝返りを妨げ、肩こりや腰痛、疲れがとれない、などの一因になってしまいます。また、汗が蒸発しにくなり、体の熱が発散されず寝苦しくなります。パジャマは薄手、生地は汗を吸い、温湿度調節をしてくれる綿(オーガニックコットン)がお勧めです。

タオルケットや綿毛布だけでは暖かさが足りないと感じられる季節になったら、羽毛ふとんと重ねて使用しましょう。 羽毛ふとんは体温が伝わるとダウンがふくらみ、あたたかさが増します。体温の熱を外に逃がさないよう羽毛ふとんの上には毛布や綿毛布をかけましょう。 この時羽毛ふとんの上にかけるものは、なるべく軽いものが。重いものだと羽毛ふとんがペシャンコにつぶれてしまい、かさ高がへることで保温性も低下してしまいますし、寝返りも打ちづらくなります。

肌触りが好きで内側に毛布をかける場合は、素材の特性を理解して使用しましょう。自然素材の綿毛布は眠っている間の汗や湿気を吸い取ってくれるので快適ですが、汗を吸ってしまうと、湿気が増えて保温性が落ちてしまうので、こまめに洗いましょう。天然屋の「キャルメルのびふわ毛布」なら、多重ガーゼ構造なので通気性が高くムレにくく、洗濯機で洗うことも可能です。

 

 純毛のウールやキャメルの毛布は、湿気を吸着すると熱を発生し、吸湿発散性、保温性のバランスが良く寝冷えを防ぐことができます。

合成繊維のアクリル毛布は、肌触りは良いのですが、汗を吸わないので、寝具の中が体温であたたまると不快指数が上がります。ムレが気になる方はやめましょう。

1